ゼログラビティの視聴率はフジとの相乗効果でドン底は避けられない?

      2016/06/13

いよいよフジ系列番組「金曜プレミアム」で地上波初登場となるゼログラビティ。

テレビで気軽に視聴出来るという嬉しい一面がある一方で、放送されるテレビ局があのフジテレビということで映画の内容よりも視聴率がかなり気がかりです。

またもや低視聴率は避けられないのか?という見方が強いようです。

スポンサードリンク

この映画で大丈夫か?

フジ、CM、内容がイマイチという三重苦があるだけに、放送する前から既に多くの気遣うツイートもされているようで負けは必至かと思われます。

フジテレビがこの時間帯に投入した直近の映画「シュガーラッシュ」では5.8%という大惨敗の結果に終わりました。

アニメは結構評判が良かったようですが、やっぱりフジ離れが根付いてしまい末期的な数字ですね。

この時ライバルの金曜ロードショーではスパイダーマンと争っていたのですが、9.5%とダブルスコアに近い差をつけられています。

人気アニメを持ってきてもこのザマだったので、ましてや不評のゼログラビティでは視聴率はどれ位になるのかもはやネタ化する勢いかもしれません。

スポンサードリンク

ライバルに勝てるか?

ゼログラビティの対抗馬として日テレでは4週連続でハリーポッターを投入するという嫌がらせでどこまでフジをいじめるの?という情けをかける人まで出てきています。

圧倒的人気シリーズをもってくるあたりフジを本気で潰しにかかっているようで、放送する前から勝敗がついているようなものです。

ぶつけてくるのはシリーズ第2弾「謎のプリンス」ですが、こちらは5年前の地上波で放送された時は14.5%の視聴率でした。

この数字だけでも絶望の世界と魔法の世界、どちらが観たくなるかは一目瞭然だと思います。

ゼログラビティという暗示しそうなタイトルだけに、放送終了後の視聴率は四捨五入すればゼロだったという結果はかなり高いでしょう。

フジテレビ、そして社員にとってまたまたワーストリストに名を連ねる恐怖の金曜日になりそうですね。

fuji_syain

※追記

先週放送されたゼログラビティですが、視聴率結果が判明しましたのでお知らせします。

ゼログラビティ視聴率:8.1%

裏番組の謎のプリンスですが視聴率は10.4%で、地上波初、美しい宇宙描写の2つの効果でここまで迫ることが出来たのではないでしょうか。

金曜プレミアムで次回も映画を扱うとすれば地上波初、洋画作品という2つの要素を重視してくるでしょう。

しかし全体的に見るとフジテレビの迷走ぶりは底が深く、金曜プレミアム終了まで二桁台到達は夢に近いものがありそうです。

 

※フジテレビ「ゼログラビティ」公式サイト

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/160610kinpremium/

スポンサードリンク

 - 映画