のせでん(能勢電鉄)1500系が引退!愛された名車がいよいよ見納め!

      2016/11/01

能勢電鉄の1500系が5100系に置き換わるため、5月28日をもっていよいよ引退する日が近づいてきました。

兵庫県にある川西能勢口駅と妙見口駅を結ぶ線路区間の略称”のせでん”で30年近く走ってきただけに突然の引退は名残惜しいものがあります。

スポンサードリンク

個性豊かな”のせでん”

1500系の特徴は何といってもマルーンカラーが特徴ではないかと思います。

それもそのはずで、阪急電車の子会社となり譲り受けるという形となりました。

阪急電車と全く同じマルーンカラーを採用していて、ホームで待っていても阪急電車と間違うほどです。

子会社になる前はこのような2色に分けた外装でした。

そしてのせでんの特徴ともいえるのが最初に大型冷房を導入した鉄道だったという点です。

内装はいたってシンプルで座っていても居心地がいいと評判でした。

アッと感動する演出で素敵な思い出を提供してくれることも特徴です!

スポンサードリンク

そしてのせでんにしかない面白イベントもあって話題になることも。

これはおでん電車という企画で、電車を貸し切って食事をするという他ではなかなか味わえない体験も出来ます。

現在1500系の内部は今まで走ってきた歴史を知ることが出来る貴重な展示会も兼ねてカウントダウンランを決行中です。

数回に渡りカラーチェンジを繰り返しながら長年愛されてきただけに、本当に引退してしまうのが勿体無いですね。

記念イベント

5月29日に1500系勇退記念イベントとして特別列車が運行されることになりました。

名づけて「さよなら1500系イベント列車」という最後の企画が行われ完全貸切で120名限定(有料)で最後の1500系を楽しめることになっています。

記念グッズも発売される予定でクリアファイルや社章シールなどこの機会を逃せば二度と手に入らないものばかりです。

29日は1500系の最後のラストランを見て長い間お疲れ様といってあげましょう!

 

※のせでんの貸切申込や詳細については公式HPにて受付中です。

能勢電鉄公式サイト

スポンサードリンク

 - イベント