bluetoothスピーカーこんな使い道優先で選んでみた!コスパがイイ!

      2018/06/12

家や車やインスタ、いまやシェアするのが当たり前のものとなりました。

その流れで音楽を聴くのもシェアということで、Bluetoothスピーカーが沢山発売されています。

bluetooth_speaker_fm_enlarge

 

しかしながら価格に差異はあれど、機能的にはさほど大きな違いはありません。

他とは違う特徴を持っていて、幅広い用途で使いたいな・・。

そんな衝動に駆られ、今回はとある一つの機能を目当てにしたものがあります。

 

それは、FMラジオの機能が付いているスピーカーです。

スポンサードリンク

FMラジオが確実に聴けるBluetoothスピーカー!

数あるBluetoothスピーカーがある中でなぜFM機能に拘ったのかというと、

確実に聴ける保証が欲しい、チューニング・選局がボタン一つで簡単、

Bluetooth通信とラジオ切替を身近で片手操作したい、

の3点を求めていたからです。

 

その特徴に見事当てはまっていたのがコチラでした。

Nimaso-bluetooth4.2ワイヤレススピーカー

Nimaso bluetooth4.2 ワイヤレススピーカー 【FMラジオ機能/SDカード対応 /IPX6防水認証/MIC認証/マイク内蔵/12時間連続再生】IOS/Android対応

新品価格
¥3,399から
(2018/5/30 06:46時点)

 

スピーカーの特徴として、日本仕様の帯域に合わせて作られているということ。

他社のBluetoothスピーカーでも、ラジオ機能の付いたものはありますが、

大抵は他国の帯域に合わせて作られていたり、USBケーブルを挿ささないと電波を受信できないものが目立ちます。

 

これではラジオ機能はあって無いようなものだし、だらーんと線が本体からぶら下がっていては、見た目にもよろしくありません。

しかし、このスピーカーは見た目を損なわず、日本国内のFM放送がしっかり聴けます。

 

 

それでは次にスピーカーの各部を見ていきましょう。

まずは外観。

bspeaker_NIMASO_ext_img

 

こちらはコントロールボタン。

※左から電源、再生/停止、モード切替、曲送り/音量+、曲戻し/音量-。

bspeaker_NIMASO_cpanel_img

 

裏側は接続関係がまとめられています。

※左から電源ポート、AUXジャック、microSDカード差込口。

bspeaker_NIMASO_interface_img

 

カラビナも付属していて、アウトドアにもピッタリ。

bspeaker_NIMASO_carabiner_img

 

 

サバイバル的なゴツさもあってかIPX6相当の防水機能もあります。

IPXというのは防水の保護等級を表していて、最後の数字は0~8級まで区分けされています。

 

このスピーカーは6ということで、6級は「あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)」と定義されています。

 

"強い"という表現から、沈めたりしない限り水に濡れても平気ということになります。(キャップが完全に塞がれていることが必須)

これなら海や川辺で音楽を聴くときも安心して聴けますね。

ただし、防塵機能は無いのでその点は注意が必要です。

スポンサードリンク

リアルに使ってみた感想

ここからは実際に使ってみて、リアルに感じたことをお伝えしていきます。

 

まずはじめにスピーカーの一番大事な音質ですが、特に不満も無く聴き心地は良いです。

FM放送もしっかり自動チューニングされ、アンテナが無くとも鮮明に聴き取れました。

 

コントロールパネルのBluetoothボタンをポチッと押す毎に、Bluetooth、microSD、FMラジオの順でスムーズに切り替わってくれます。

 

SDカードの音楽に聴き飽きたら、FMラジオを聴いてみたりと、ちょっとした気分転換にもってこいです。

また、"再生/停止"ボタンはBluetooth、microSD音源のみならずFMラジオにも対応。

 

重さは約273g(仕様)で500mlペットボトルの半分と軽く、重厚なイメージを一気に吹き飛ばしてくれます。

bspeaker_NIMASO_weight_img

 

ルーチンワークな作業をする時、何か面白い話題を知りたい時、

いつもの音楽に飽きた時は、このラジオ機能がそんな要求に答えてくれます。

防水機能もありますし、台所に置いて料理をする時にもいいですね。

 

 

ここまでは良いところばかりを取り上げましたが、実は不満な点も5つほどありました。

 

1:Bluetoothの通信が途切れる

これは偶然だったのかもしれませんが、通信が途中で切れてしまいました。

電源をもう一度オンにしたら普通に使えました。

神経質な人は控えたほうがいいのかもしれません。

 

2:フリーズする

SDカードに膨大な数のフォルダ・音楽ファイルがあるとフリーズしてしまいました。

こうなってしまうと、電源ボタンを8秒間押し続けてオフにしないといけません。

原因はファイル数にあり、程々にすればフリーズすることは無くなりました。

 

3:AM非対応

これは仕様につきAM放送を聴きたければ、対応機器を選ぶしかないです。

 

4:15分で電源オフになる

15分間外部からの通信やスピーカーから音が出なければ自動的に電源がオフになります。

これは節電モードになりますが、機能自体をオフにすることができません。

もし15分以上、席を外し戻ってきたらオフになっていますので、再びオンにする必要があります。

場合によって面倒を感じてしまうかもしれません。

 

5:カラーが1色のみ

他社のBluetoothスピーカーは、様々なカラーが用意されていることが多い。

このNimaso-bluetooth4.2ワイヤレススピーカーは赤のみしかなく、色に妥協できなければ諦めるしかありません。

 

まとめ

Bluetoothをメインに使うけど、ラジオもよく聴くならこのスピーカーが一番ではないでしょうか。

 

ラジオ機能があれば番組内でのトークから、楽しい一時を過ごす、知人との話題作り、会話術も学べたりと結構使えたりします。

それに災害時は持ち運びしやすく、緊急速報が直ぐに聴けるし何かと役立ってくれます。

 

こういった用途がこのBluetoothスピーカー1つで満たしてくれて、3000円台ならコスパはかなり優れているといえるでしょう。

 

元々携帯用途のスピーカーだし、傷みやすく音質にこだわってもしょうがない。

もしそんな風に感じているのなら、実用性を重視したNimaso-bluetooth4.2ワイヤレススピーカーはかなりオススメですね。

 

Nimaso bluetooth4.2 ワイヤレススピーカー 【FMラジオ機能/SDカード対応 /IPX6防水認証/MIC認証/マイク内蔵/12時間連続再生】IOS/Android対応

新品価格
¥3,399から
(2018/5/30 06:46時点)

 

スポンサードリンク

 - IT