ベッキーの復帰が難しいのはなぜ?ゲス熱下げても周囲は冷ややか!

      2017/10/12

ゲス謹慎でテレビの前にめっきり姿を見せなくなったベッキーさん。

becky-gess-kaiken

あれだけ引っ張りだこだったにも関わらず謝罪会見後あっという間に姿を消してしまいました。

その後、しばらく時間が経ちベッキーさんの復帰について各方面で話題になってきてます。

スポンサードリンク

ゲスった代償は極めて大きい!

最近になってベッキーさんが各メディアで「復帰はいつなのか?」、「復帰は◯月頃!」というようにやたらプッシュされているような扱いを受けてます。

しかし他のタレントと違いほとぼりが冷めていつの間にかテレビに戻るというゲスな手段も通用しそうにありません。

ベッキーさんがなぜこれほどまでに復帰が難しいのかを探してみました。

■ 好感度が高すぎた

かつては5年連続好感度タレントナンバー1を達成し、ベッキーはとってもいい人ね!と視聴者をその気にさせていました。

レギュラー、CM出演本数合わせると20本以上という大人気を保っていましたが、ゲスの代償はあまりにも大きく、以降全て仕事は0です。

プラスの振れ幅が大きければ大きい程、マイナスになれば落差が大きくなり、復帰には相当な時間がかかると思われます。

 

■ 不倫のイメージが悪すぎる

今年の不倫といえばベッキー&ゲス川とファンモン加藤&アンタ柴田元嫁で世間をお騒がせしました。

不倫のイメージとして良いということがこれまで一度もなく、人間関係を崩壊させるしかありません。

ベッキーさんの場合、クリーンなイメージ戦略で売り出していただけに不倫ともなれば深刻です。

過去を消し去るのは不可能で復帰出来たとしてもヨゴレ役ぐらいしかなさそうです。

 

■ 嘘をつきすぎ

今年1月涙ながらの記者会見は記憶に新しいですが、あの涙、謝罪の言葉全て嘘だったのが発覚し今も尾を引いています。

会見ではあくまで友達関係といってましたがそれも嘘、また反省の態度を見せてると思えば今もLINEで連絡を取り合っているそうです。

嘘つき女として同姓からも嫌われ発言に説得力も無くなったのでかなり絶望に等しい。

スポンサードリンク

■ 表裏がある

いつも愛想の良い笑顔で番組を賑わせていたベッキーさんですが、実はかなり表裏が激しいことで有名。

例としてゲス不倫の謝罪会見の後、態度180°変更でリフレッシュ旅行を満喫したり・・・

未だにゲス川谷と付き合っている?のが目撃されたりと演技派でもありポジティブ思考なのは感心するトコロです。

他にも後輩をとことんイジメ抜いたり有名人をいいことに違反切符を揉み消しに警察をまくし立てたりと悪い噂が絶えません。

その悪評が知れ渡り他のタレントからも共演NGが噴出し、出られそうな番組が無いに等しい。

 

こうしたことが全て積み重なり良い返事を出すスポンサーは今のところありません。

もはや風船爆弾となってしまったベッキーさん。

スポンサーにとっていつまた破裂するかもしれないという危険性を孕んでいるため10月になっても復帰は考えにくいでしょう。

視聴者はどうでもよくなってる

最近ではもはや復帰どころかベッキーさんには関心すらいかなくなっているのが現実のようです。

今年の芸能界の騒動に焦点を当ててみればショーンK、ゲス不倫議員、SMAP、高畑容疑者とまるで回転寿司が流れるように目まぐるしく話題が変わってます。

直近では高畑裕太というビッグネタが流れてきたことにより、ベッキーさんのゲスネタはもはや風味がかなり落ちスルーされてきました。

 

現在ベッキーさんの事務所では稼ぎ頭を失いたくないのか、復帰に向けてあらゆる手段を模索しているそうです。

一度失墜した人気回復には禊ぎの丸坊主、全国おわび行脚等、地道なネタを仕込み続けながらその時が来るまで耐えるしかないでしょうね。

スポンサードリンク

 - タレント