AKB総選挙で沖縄の経済効果は?辞退続出で爆投票頼みしかない?

      2017/04/05

今年もやって来ましたAKB総選挙。

2009年から始まり9回目となりますが、地方創生の一環として東京以外で開催されるのが当たり前になりました。

 

2017年の舞台は沖縄ということで、あれだけの人数だと陽気な土地柄も加わって賑わうことになるでしょう。

しかし、例年とは事情が異なり盛り上がらない可能性もあるといいます。

ということで、AKB総選挙in沖縄での経済効果はどんな感じになるのでしょうか。

スポンサードリンク

6月の沖縄は過酷!

もう発表されてご存知だと思いますが、今年は沖縄県の豊崎海浜公園「豊崎美らSUN(ちゅらさん)ビーチ」で行われることになりました。

コンサート用に特設会場があり、今年のセンターはこちらで決定することになります。

akb_churasan_beach

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

場所はココ。

6月の沖縄というと、気温は25~6℃、湿度70~80%程の不快な条件になります。

しかも屋根が無く、直射日光に晒されるため会場は熱気で汗臭い空気に包まれることになりそう・・・。

 

万が一雨が降っても決行されるようですが、雷が鳴れば無観客で行う予定になっています。

その場合、ファンはメンバー達をスクリーン越しで見ることになりそうです。

 

また、台風シーズンも到来するので忍耐力が試される選挙戦ともいえます。

カッパの持参は忘れないようにしたい。

スポンサードリンク

経済効果はあるの?

2年前の福岡での経済効果は20億、前回の新潟では15~6億円でした。

これは地域格差によるもので、差が出るのは当然といえます。

この傾向から沖縄の場合、離島の最西端、辿り着くまで時間がかかり過ぎることから二桁を割りそうです。

 

そして、経済効果減に追い打ちをかけそうなのが、柏木由紀さん、山本彩さんはじめ多くのメンバー達が辞退するというもの。

こちらが辞退メンバーリストです。

AKB:入山 村山 柏木 木﨑 田名部 谷優里 濱松 福地

NMB:山本彩 上枝 山尾 木下 村中 矢倉

HKT:井上由 岡本 兒玉 駒田 筒井

SKE : 二村 後藤理

こんなに続出してしまったのは、指原莉乃さんによるところが大きいといえます。

女帝と恐れられ、誰も敵わないと諦めた末、出来レースの1位になることはほぼ確実だからです。

指原さんのラスト選挙の話題性、水着サービス?で辞退分の損失を補う感じになりそう。

 

それに指原さんには中国人のファンが多いそうで、なんと中には9108票(1457万円分)を投じた猛者もいます。

一部ファンからマンネリ化も囁かれていて、中国人の爆投票で経済効果を支えていくようなものでしょうか。

 

今回は地域振興として沖縄県・那覇市・豊見城市が一丸となって誘致に成功。

沖縄の政治的な事情から、AKBを介した中国人頼みの経済誘致とも受け取れますね。

最後に・・

舞台は沖縄ということで、一部ファンからお布施の額が膨らみすぎて嫌になってくる~といった悲鳴が聞こえます。

それを見計らうかのように飛行機・ホテル代は高騰している模様です。

 

そのせいで、総選挙目的以外で沖縄に行く人達までとばっちりを受けます。

沖縄のAKBによる経済効果は、こうした無関係な人達も寄与しているのを忘れてはいけないですね。

スポンサードリンク

 - アイドル