【2017】西武百貨店が変わった福袋を発売!その中身を一つずつ解説!

   

2017年新春に西武百貨店から少し変わった福袋が発売されることになります。

その名は『PPAP福袋』という、お固い百貨店としてはかなり冒険的な福袋になるかもしれません。

スポンサードリンク

迷走福袋?

実はこのPPAP福袋というのは今年大ブレイクしたピコ太郎の企画商品だということです。

今年はあの決め台詞「ペンパイナッポーアッポーペン(Pen-Pineapple-Apple-Pen)」が面白くないと言いながらも何だかんだで流行りましたよね~。

pikotaro_applepen

出典:http://line.blogimg.jp/

この台詞の頭文字からPPAP福袋という商品名になりましたが、それぞれの英文字から4種類のフルーツが決定したようです。

その4種類というのが、Peach(桃)、Pineapple(パイナップル)、Apple(りんご)、Persimmon(柿)のフルーツ。

こちらがPPAP福袋の大まかな内容になります。

桃と柿がかなり違和感ありますが、福袋の商品として悩んだ末の選択だったのでしょう。

迷走福袋と思われても仕方ないですが動画のニセ太郎登場といい、百貨店の厳しい状況を考えるとピコにすがる必死の思いが伝わってきますよね。

今度はこの4つのフルーツについて見ていきたいと思います。

4つのフルーツ

PPAP福袋は2017年にちなんで2017円(税込)で発売されます。

福袋というからには買って得したいというのは当然のことだと思います。

その4種類のフルーツが本当に値段以上の価値を提供しているのか調べました。

まずは桃からです。

先程の動画では桃の缶詰が映ってましたが、明治屋の白桃という商品です。

国産の白桃を使用し、甘さを押さえた定番商品となってます。

ブランド商品なだけに市場価格は大体500円~600円と好評ですね。

meijiya_peach_can

出典:http://www.meidi-ya.co.jp/

スポンサードリンク

パイナップル

パイナップルの価格帯は1000円から3000円台のものが多いです。

動画からは原産地は不明ですが、2017円ということもあり一般的な1500円前後のパイナップルになると思われます。

pineapple_fukubukuro

 

アップル

スーパーで売られているりんご1個の値段は100円~130円程です。

こちらもパイナップル同様、値段のバランスを考えれば一般的なりんごになるでしょうか。

apple_fukubukuro

 

柿は甲州名産の「あんぽ柿」という1パック450円前後の干し柿を採用。

手間暇かけた製法により生柿より甘くビタミンを豊富に含んでいてドライフルーツに分類されます。

収穫時期も10月頃からの限定フルーツということで、福袋の発売時期に相応しい選択といえますね。

persimmon_fukubukuro

出典:http://www.cocodecow.com/

 

百貨店の福袋といえば定価以上の商品を詰めて売っているというのを一度は聞いたことがあるかもしれません。

4種類全てを合計すると2017円を越えるのでお値段以上の価値は確かにあるようです。

 

西武渋谷店では1万2000個の福袋を用意しますが売切れる可能性もあるため早い目に並んでおこう。

スポンサードリンク

 - イベント