2016年参議院選挙のタレント候補は誰?あんな人まで噂され迷走中か?

   

参議院選挙が6月22日に公示されますが早くも慌ただしくなってきました。

参議院選挙といえばタレント候補が沢山立候補しますが、今となってはまるで人気投票イベントに成り下がっている感じさえあります。

スポンサードリンク

タレント議員はこりごり?

タレント議員というと芸能活動していた頃のイメージが先行してしまい、どうしても議員になってからの活動状況で良い話を聞くことが少ないです。

にも関わらず多くのタレント議員が誕生していることから知名度次第でどうにでもなるのも事実。

そんな歴代議員がコチラ。

talent_counciler_past

出典:https://pbs.twimg.com/media/

今までを振り返ってみると、あ~こんな人いたな~!という有名人ばかりですが、中にはタレント時代の人柄良さそうなイメージとは全く正反対になってしまった議員もいますね。

そして今回の舛添氏の件で懲りたのか巷ではタレントという抜群の知名度・人柄だけで選ぶべきではないという論争が活発になってます。

どうしても政策より第一印象で選んでしまうことが多く、無名の候補者に比べてタレントというステータスは強力な武器。

そして当選するしないに関わらず立候補したことによって、後々の活動でも参議院選挙の話題を絡められるし落ち目な時には絶好の機会です。

しかし舛添氏のおかげでタレント候補について考え直すきっかけになったことは大きいですね。

今夏の参議院選挙も迷走か?

今年はどんなタレント候補達が名前に挙がっているのでしょうか。

立候補は前職による差別は出来ないので仕方無いところですが、選ぶ立場として今回どういったタレントが出馬、若しくは噂されているのか知って政治の迷走ぶりを知っておくのも悪くないでしょう。

なぜこの人が?という候補者もいて悪い意味で面白い選挙になる予感さえしてきます。

 

まずは早くから立候補者として名前が挙がっている元スピードメンバーの今井絵理子さん。

今井さんは引退後結婚し出産、そして子育てに悩む近い世代の取り囲みに自民党が真っ先に白羽の矢を立てたようですが、政治力に関しては全くの未知数です。

スピード時代は熱狂的なファンが大勢いたため、当選の可能性はありそうですね。

 

次に「国民怒りの声」という団体から俳優の宝田明氏も出馬予定。

安倍政権で強行採決した安保法に対してゴジラの吐く放射熱線のように強烈な怒りをぶちまけています。

もし当選すれば任期は6年ということで90歳辺りまで議員活動を続けることになりますが、政治でも俳優のようにスター性を発揮できるのか見ものです。

そしてゴジラと二人三脚ということで原発問題の対応も期待していいのでしょうか。

 

次は昔肩こり治療のCMに出演していた女優の石井苗子さんもおおさか維新の会から比例代表で出馬します。

CMでは気持ちよさそうに癒される演技が印象的でしたが、今度は国民を癒やす政策に応えられるのか。

保健師の資格も持っているそうでオリンピックに向けて分煙対策や保健行政に取り組む意気込みを見せています。

スポンサードリンク

次の候補は小沢チルドレンですっかり悪名高くなってしまった谷亮子議員が自民党から出馬。

かつて不倫で世間を驚かせ政治って何かしていた?という印象しかなく、小沢氏から自民に鞍替えで政治信念ブレまくりです。

もはや反則級の行動ばかりでこれといった技すら出せず有権者から退場を突きつけられてもおかしくないですね。

でもなんだかんだ影の勢力によって当選してしまいそう。

 

なんと格闘技界からも魔娑斗氏が立候補するのでは?と噂されているようです。

格闘技で鍛えられたスタミナ・精神力でドロドロした日本社会の立て直しに必要な素養は持っていると言えなくもないですね。

 

次は国政に新たな試みでセクシー路線も取り入れようと壇蜜さんが候補に?

壇蜜さん秋田出身ということであきたこまちのCMに出演し話題になりました。

政治と結びつけるなら過疎化と農業分野での活躍に期待でしょうか。

それにしても”目玉”という扱いからして自民党の迷走ぶりは目に余るものがありますね。

 

次はちょっと異色な政策を掲げ立候補しているのが女優の高樹沙耶さん。

医療用大麻解禁ということに重点を置き他の候補者と差別化しているみたいです。

ナチュラリストという謎な活動を石垣島で行なっていて、これまで良くない噂がバンバン出ています。

石垣島では大麻吸引を勧めていたとの情報もあり、当選すればアメリカの一部の州のように合法化に力を入れていくヤバさがありそうでマークすべき候補者になるでしょう。

 

他にも噂があるのが政治オタクとして知られる春香クリスティーンさん。

そしてオリンピック招致の顔である滝川クリステルさんにも自民党から熱くお・も・て・な・し要請しているとの噂がありもはや何でもアリの状態です。

今夏の候補の噂・予定タレントはざっとこんな感じですが、暑さ以上にクラクラしそうな選挙になりそうです。

 

各党は客寄せパンダ的な意味で糸目をつけずタレント探しに夢中ですが、相反して有権者はもうたくさん!とウンザリ感ばかりではないでしょうか。

来年以降の参議院選挙は2019年ですが、オリンピック間近ということもありこの調子だとジャニ系候補、AKB系候補すら担ぎだしてくる危うささえ感じます。

今年の参議院選挙は重要な分岐点になりそうですね。

スポンサードリンク

 - タレント